Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.25

R1-No.25

遊戯施設の定期検査に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。
ただし、製造者が定める基準値はないものとする。

1:伝動装置で使用しているローラーチェーンの伸びを測定したところ、10リンクの当初長さが250mmであったものが254mmとなっていたので、「要是正」とした。

2:制動装置のブレーキライニングの厚みを測定したところ、当初厚みが20mmであったものが13mmとなっていたので、「指摘なし」とした。

3:電気設備の検査において、駆動装置の37kW、440Vのモーターの絶縁抵抗を500Vメガーにて測定したところ、絶縁抵抗が0.3MΩであったので、「要是正」とした。

4:構造物の支柱と基礎をアンカーボルトで締結しているベースプレートに腐食が見られたため、腐食部分を取り除き厚みを測定したところ、当初厚みが20mmであったものが17mmとなっていたので、「要重点点検」とした。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.25

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com