Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.24

R1-No.24

遊戯施設に関する記述で、建築基準法上、最も適当なものは、次のうちどれか。

1:客席は、運転中自動的に扉が開かない構造であり、かつ、故障時、非常時に停止した場合でも、運転者、運転補助者が意図せずに扉が開くことがないこと。

2:ウォータースライドなど水を流した水路を人が直接滑走する遊戯施設の構造計算に用いる割増係数は、1.1と定められている。

3:地盤面からの高さ2m以上のプラットホームには、その外周に高さ100cm以上の安全柵を設けなければならない。

4:非常止め装置は、駆動装置が故障した場合にのみ自動的に作動し、停電時には作動しなくてもよい。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.24

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com