Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.23

R1-No.23

遊戯施設に関する記述で、建築基準法上、最も適当なものは、次のうちどれか。

1:構造計算における風圧力は、長期荷重すなわち通常運転時において、風速毎秒35mの時の風圧力を使用することが定められている。

2:滑車を使用して客席部分を吊る構造のものは、地震その他の震動により、索が滑車から外れない構造とすること。

3:客席部分に生ずる横方向の加速度が5m/s2(0.5G)以上12m/s2(1.2G)未満の遊戯施設は、身体保持装置A型を設け、更に横滑り防止対策をしなければならない。

4:遊戯施設の非常止め装置は、必ず国土交通大臣の認定を受けたものでなければならない。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.23

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com