Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.19

R1-No.19

昇降機の定期検査に関する記述で、最も適当なものは、次のうちどれか。

1:エレベーターの外部への連絡装置の設置及び作動の状況検査で、外部連絡装置が管理人の住戸内に設置されていたので、「指摘なし」とした。

2:次第ぎき非常止め装置の作動後、かご床の水平度を測定したところ、1/25であったので、「指摘なし」とした。

3:いす式階段昇降機のいす操作盤のボタンの作動の状況検査で、押しボタンから手を離してもいすは停止しなかったが、上階及び下階においてリミットスイッチにより正常に停止したので、「指摘なし」とした。

4:共同住宅に設けられたエレベーターのかごの構造及び設置の状況検査で、かごの奥にトランクが設置されており、その扉を開けようとしたところ、専用の鍵を用いずに容易に開いたので、「要是正」とした。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.19

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com