Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.17

R1-No.17

昇降機の定期検査に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:これまで既存不適格であったものを改善して現行法に適合した状態になったものが、何らかの原因で現行法の規定を満たさない状態となった場合は、「要是正」とする必要がある。

2:定期検査実務上の遵守事項において、定期検査で使用する器具は、JIS規格又はこれと同等以上のもの若しくは当該保守会社が定めた仕様に適合するものを正しく使用することが必要である。

3:小荷物専用昇降機の出し入れ口のドアスイッチの作動の状況検査で、戸が全閉位置からすき間35mmの状態でかごが走行したので、「要是正」とした。

4:非常用エレベーターのかご呼び戻し装置の作動の状況検査で、乗り場及び中央管理室のかご呼び戻し装置を操作したところ、かご呼び、乗り場呼び、かご内の非常停止スイッチの機能を無効にして所定の階に戻り、戸開状態で待機したので、「指摘なし」とした。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.17

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com