Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.15

R1-No.15

昇降機に関する記述で、最も適当なものは、次のうちどれか。

1:戸開走行保護装置(UCMP)は、平成21年8月以前のエレベーターにも設置が義務付けられている。

2:タイダウン非常止め装置は、非常止め作動時や緩衝器への衝突時における、かご又は釣合おもりの飛び上がりを防止する目的から即時に作動する必要があり、次第ぎき非常止め式が採用される。

3:VVVF制御によるエレベーターでは、インバータやコンバータの制御に複雑な演算が必要なため、高性能マイクロプロセッサが用いられている。

4:VVVF制御において三相の交流は、インバータで一旦直流に変換され、コンバータで再び可変電圧、可変周波数の三相交流に変換されて電動機に給電される。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.15

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com