Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.14

R1-No.14

昇降機に関する記述で、最も適当なものは、次のうちどれか。

1:極めて稀に発生する地震に対しても、エレベーター昇降案内機器の機能を保証しなければならない。

2:エスカレーターの耐震措置は、地震時に建築物の層間変形が生じても建築物のはり等の支持材からトラスが外れないこと、又はトラスが外れても落下させないことである。

3:油圧エレベーターの油圧配管は、フロア間にまたがって取り付けられる場合、建物の層間変形角として1/200を考慮する必要がある。

4:既設のエレベ-ターにおいても、利用者の安全と機能の維持を図るために、「昇降機耐震設計・施工指針」に準じた耐震改修をすることが法令で義務付けられている。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.14

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com