Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.13

R1-No.13

昇降機に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:エレベーターの耐震クラスは、一般の建築物施設ではS14とし、官公庁関連施設や病院等の重要性の高い建築物ではA14とすることが望ましいとされている。

2:主索に多く使われるシール形ロープの構成記号8×S(19)における「8」の意味は、より(ストランド)の数を表す。

3:ドアインターロックスイッチにおいては、ドアロックが確実にかかったのちにドアスイッチが入り、また、ドアスイッチが切れたのちにドアロックが外れる構造としなければならない。

4:ロープ式エレベ-ターの機械室は、保守点検に必要なスペースがあれば、昇降路の水平投影面積の2倍をとらなくてよい。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.13

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com