Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.12

R1-No.12

電気工学に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:昇降機の駆動には、主に同期モータ(SM)や誘導モータ(IM)が利用される。

2:絶縁抵抗は、電流が流れる電路における電路相互間、及び電路と大地との間の絶縁性を示すもので、単位としてkΩを用いるのが一般的である。

3:近接スイッチは、エレベーターのかごの位置検出などに使われ、磁界変化、電界変化、光変化などを利用する方式がある。

4:三相交流は、3つの正弦波交流がそれぞれ120°の位相差をもつ。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.12

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com