Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.9

R1-No.9

機械工学に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:長い間にわたって材料が繰り返し荷重を受けると、静荷重より小さい荷重で破壊する疲労破断が起こることがある。

2:バックラッシとは、一対の歯車同士がかみ合っている際のピッチ面上における隙間のことで、円滑な回転をするために必要なものである。

3:細長比は、柱の曲がりやすさを表す値で、この値が小さいほど座屈しやすくなる。

4:非破壊検査とは、超音波などを用いて機械部品や構造物を破壊せずに内外の欠陥を見つけ、要求された性能を満足するか否かを調べる方法である。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.9

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com