Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.1

R1-No.1

建築基準法令に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:建築基準法は、個々の建築物の安全などの基準を定めた単体規定、都市における建築物相互のあり方を定めた集団規定、及びこれらの建築基準の運用のための制度規定で構成されている。

2:昇降機の工事施工者は、工事着手前に建築主事又は指定確認検査機関へ昇降機の確認を申請し、確認済証の交付を受けなければならない。

3:建築基準法が定めている技術的な基準は、建築物を建築する際だけでなく、使用開始後においても守られていなければならない規定である。

4:建築基準法施行令で指定された遊戯施設は、確認申請手続き、工事完了検査、定期検査報告の規定が適用される。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > R1-No.1

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com