Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > R1-問21

R1-問21

耐火クロススクリーンの定期検査に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:耐火クロスの劣化及び損傷の状況の検査で、耐火クロスの固着の状況については、カーテンを閉鎖させるときに目視により確認する。

2:まぐさ及びガイドレールの劣化及び損傷の状況の検査で、遮煙材がガイドレールには設置されていたが、まぐさには設置されていなかったので「要是正」とした。

3:巻取り式の作動の状況の検査では、運動エネルギー又は座板感知部が作動してからの停止距離のどちらかを確認する。

4:自動閉鎖装置の設置の状況の検査では、状況に応じて足場の設置やケース板の取り外し等により容易に見ることができる状態にしてから目視又は触診により確認する。

Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > R1-問21

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com