Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > R1-問17

R1-問17

防火設備の維持保全に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:水幕を形成する防火設備の日常点検では、水幕形成部付近の開閉弁及び付属弁類の開閉状態が正しいかを確認する。

2:耐火クロススクリーンの亀裂、損傷、縫製糸の切れ・ほつれ、たるみ、吊元部、片寄りなどは定期点検(任意点検)で確認する。

3:連動制御機構の感知器の設置後の更新を必要とするおおよその期間は、煙式感知器の場合は5年とされている。

4:連動用の煙式スポット型感知器の検査に使用する加煙試験器は、校正周期を10年として校正しなければならない。

Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > R1-問17

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com