Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > R1-問15

R1-問15

感知器に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:定温スポット型感知器は、公称作動温度より10℃低い風速1m/秒の垂直気流に投入したとき、3分以内で作動しないことが求められる。

2:光電式分離型感知器は、光を発する送光部と光を受ける受光部で構成され、感度に応じて1種、2種に分かれている。

3:光電式スポット型感知器は、感度に応じ1種、2種、3種に分かれており、また、蓄積機能の有無により非蓄積型と蓄積型がある。

4:熱煙複合式スポット型感知器は、上部に煙の流入口、下部中央に棒状の温度検知素子を持つ2段構造である。

Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > R1-問15

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com