Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > R1-No.24

R1-No.24

建築設備定期検査業務基準及び定期検査に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:無窓居室の換気設備の風道(換気ダクト)の取付けの状況検査で、天井点検口から目視で確認し、損傷がなく取付けに支障がなかったので、「指摘なし」とした。

2:排煙設備の排煙口の手動開放装置による開放の状況検査で、排煙口は手動開放装置では開放しなかったが、中央管理室からの遠隔操作により開放したので、「指摘なし」とした。

3:非常用の照明装置の予備電源の性能検査は、予備電源で、30分間以上非常用の照明装置を点灯させることができるかを検査する。

4:給水設備及び排水設備の排水の状況検査は、適正な排水勾配があるか、排水が滞ることがなく流れるかを検査する。

Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > R1-No.24

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com