Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > R1-No.14

R1-No.14

付室及び乗降ロビーの排煙設備に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:外気に向かって開く窓を設ける場合、窓面積は有効開口面積で計算する。

2:特別避難階段の付室に設ける排煙設備(機械排煙方式)の排煙機の排出能力は、4m3/s以上とする。

3:自然給気の効果の一つは、付室等の内部上方に新鮮な空気層を作ることである。

4:加圧防排煙方式における圧力調整装置の目的は、扉開放障害の防止である。

Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > R1-No.14

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com