Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > R1-No.6

R1-No.6

建築計画に関する記述で、最も適当なものは、次のうちどれか。

1:南側に前面建物がある場合、冬至日照時間4時間を確保するための前面隣棟係数は、緯度が高くなる程、小さな値となる。

2:廊下等の群集歩行速度は、速度が遅い歩行者が核となるため、群集人口密度が高くなるに従って低下する。

3:病院計画のブロック型(箱型)プランは、病院空間の成長と変化に対応できるタイプで、水平方向に空間を広げることに適している。

4:劇場の舞台形式で、プロセニアムステージは近代演劇発達の過程で生み出されたもので、オープンステージに比べて観客との一体感を生み出しやすい。

Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > R1-No.6

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com