Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > R1-No.5

R1-No.5

消防法、消防用設備等に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:消防法では、防火管理、火気取扱い設備、器具等の規制などが規定され、災害による被害の軽減等が目的とされている。

2:消防用設備等の点検及びその結果の報告が必要な防火対象物は、消防法施行令別表第1に掲げられている防火対象物が対象となっているが、消防法施行令別表第1(20)項に掲げる舟車は、除外されている。

3:消火器の適用火災は、A火災(普通火災)、B火災(油火災)及びC火災(電気火災)があり、適応することのできる火災の表示がされている。

4:「地下街」とは、地下の工作物内に設けられた店舗、事務所その他これらに類する施設で連続して地下道に面して設けられたものをいう。

Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > R1-No.5

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com