Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > R1-No.2

R1-No.2

建築基準法令に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:第3種ホルムアルデヒド発散建築材料の発散速度は、0.005mg/(m2h)を超え、0.02mg/(m2h)以下とされており、その建築材料の使用面積の制限を受ける。

2:構造計算の一次設計では、構造耐力上主要な部分の断面に生ずる長期及び短期の各応力度が、長期及び短期に生ずる力に対する各許容応力度を超えないことを確かめなければならない。

3:中央管理室の設置が義務づけられている建築物では、中央管理方式の空気調和設備の制御及び作動状態の監視を、中央管理室で行うことができなければならない。

4:くみ取便所の便槽は、原則として井戸から3m以上離して設けなければならない。

Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > R1-No.2

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com