Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > R1-問27

R1-問27

国土交通省告示に基づく「建築物の内部」の調査方法等に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:エレベーター乗場戸に遮煙性がなく、その他の遮煙対策もされていないが、法改正前の建物なので「指摘なし」と判定する。

2:配管、配線等が防火区画を貫通する部分について改修が行われ、かつ、点検口等がある場合には、目視によって適正な処理が行われていることを確認する。

3:各階の主要な常閉防火設備は、3年以内の点検記録がない場合は、閉鎖又は作動することを確認する。

4:懸垂物は定期調査報告の対象である。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > R1-問27

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com