Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > R1-問24

R1-問24

階段の事故防止に関する記述として、最も適切なものは、次のうちのどれか。

1:勾配に関わらず、踏面寸法は大きければ大きいほどよい。

2:壁付け手すりの取り付け高さは、段の先端から75~80cm程度が適当である。

3:じゅうたん仕上げの場合、毛足の長いものの方が短いものより好ましい。

4:他の条件が同等ならば、回り階段の方が直線階段より危険が少ない。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > R1-問24

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com