Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > R1-問20

R1-問20

建築物の避難計画に関する記述として、最も適切なものは、次のうちのどれか。

1:在館者が多い用途の建物に設置された避難階段の入口幅員を広くすればするだけ、避難階へ到着するまでの時間を短くするためには有効である。

2:物販店舗は商品在庫が避難通路にはみ出したりしがちなので、日常的な点検が重要である。

3:劇場は在館者人数が多いが、安全性が比較的高いので避難誘導を特に考慮する必要はない。

4:身障者や高齢者に限れば、一般のエレベーターを火災時の避難に使用することができる。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > R1-問20

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com