Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > R1-問19

R1-問19

防火・避難計画に関する記述として、最も適切なものは、次のうちのどれか。

1:厨房用排気ダクトには除油装置を設けると気化した油が付着するのを防止できるので、定期的に清掃する必要はない。

2:フラッシュオーバーに至る時間を遅らせる対策として、天井の不燃化が特に重要である。

3:木材を内装に使う場合には、発熱量を抑える意味でもうすい材の使用が望まれる。

4:初期消火の対策には、スプリンクラー設備等による自動消火より、人的消火が有効である。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > R1-問19

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com