Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > R1-問13

R1-問13

非構造部材に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:非構造部材の設計において、風圧力は、平均速度圧とピーク風力係数の積で算定される。

2:一般に、帳壁の隅角部には、大きな正の風圧力が働く。

3:ガラスの許容耐力は、ガラスの見付面積に反比例する。

4:帳壁には、層間変位追従性を確保する必要がある。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > R1-問13

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com