Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > R1-問5

R1-問5

鉄筋コンクリート構造に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:コンクリートは、圧縮強度は高いが、引張強度は低い。

2:コンクリートのアルカリ性は、鉄筋の錆を防いでいる。

3:鉄筋のかぶり厚さが定められている。

4:壁式鉄筋コンクリート構造は、6~7階建を超え、20階建程度までの建物にしばしば採用される。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > R1-問5

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com