Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > H30-No.27

H30-No.27

遊戯施設の定期検査に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:車輪軸のき裂の状況検査では、定常走行速度が毎時15kmのモノレールの車輪軸の場合、3年に1回以上の探傷試験が必要である。

2:コンクリート製滑走路の劣化及び損傷の状況検査で、き裂は認められなかったが、滑走路表面の塗膜に剥離があったので、「要是正」とした。

3:主索の錆及び錆びた摩耗粉の状況検査で、谷部が赤錆色に見える箇所があったが、谷部が赤錆色に見える部分の直径が綱車にかからない部分の直径と比較して92%であったので、「要重点点検」とした。

4:回路の絶縁の状況検査で、駆動モーター(AC220V)の絶縁抵抗を測定したところ、0.3MΩであったので、「指摘なし」とした。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > H30-No.27

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com