Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > H30-No.23

H30-No.23

遊戯施設に関する記述で、建築基準法上、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:高さが60m以下の遊戯施設の構造計算では、積雪荷重、風圧力、地震力の影響も検討しなければならない。

2:ウォータースライドの滑走路の材料は、厚さが5mm以上の繊維強化プラスチックであれば使用できる。

3:加速度領域1から3までの範囲内にある加速度が生ずるコースターで、客席部分が45度以上傾斜する場合は、身体保持装置を客席部分にいる人に対して個別に設けた構造としなければならない。

4:遊戯施設の周囲の人の安全確保のために設ける安全柵は、横柵で人が容易にくぐり抜けることができない構造としなければならない。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > H30-No.23

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com