Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > H30-No.16

H30-No.16

油圧エレベーターに関する記述で、最も適当なものは、次のうちどれか。

1:パンタグラフ式油圧エレベーターは、パンタグラフを介して籠を昇降させるので、間接式油圧エレベーターの一種と見なされている。

2:流量制御弁で速度制御する油圧エレベーターでは、モーターの回転数は一定であるので、ポンプから吐出される油の量も一定である。

3:ブリードオフ回路は、主回路に流量制御弁を挿入して流量を直接制御する回路であり、ポンプから定量で吐出された油のうち、籠の速度を出すために必要な油量以外の油は安全弁を通じて油タンクに戻される。

4:圧力配管としての高圧ゴムホースは、十分な強度があれば建物の壁の貫通部でも使用することができる。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > H30-No.16

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com