Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > H30-No.12

H30-No.12

電気工学に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:磁束密度がB(Wb/m2)である磁界中の導線に、i(A)の電流が磁界と直角方向に流れている時、その導線に働く力F(N)は、磁束密度Bと電流iに比例し、導線の長さl(m)に反比例する。

2:誘導モータ(IM)を広範囲に速度制御する場合には、インバータが用いられる。

3:p形半導体とn形半導体を接合すると、ダイオードになる。

4:配電線の太さは、機械的強度、電流容量、許容電圧降下の3条件を満足するように決定する。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > H30-No.12

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com