Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > H30-問2

H30-問2

防火設備の定期検査及び定期報告に関する記述として、最も適切なものは、次のうちのどれか。ただし、特定行政庁による定期報告を要する建築物及び建築設備等の指定は考慮しないこととする。

1:防火設備の定期報告の時期は、おおむね6月から1年までの間隔において特定行政庁が定める時期(検査済証の交付を受けた直後の時期を除く。)とされている。

2:防火設備の定期検査では、常時閉鎖式の防火設備は検査の対象外であるが、換気設備の換気用ダクトに用いる防火ダンパーは検査の対象である。

3:定期報告の報告事項において、「要是正」とされた既存不適格の項目についても必ず写真による報告が必要である。

4:定期報告の内容に疑義等がある報告を受けた特定行政庁が検査の内容について報告を求めることができる者は、直接検査を行った防火設備検査員のみである。

Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > H30-問2

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com