Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > H30-No.23

H30-No.23

建築設備定期検査業務基準及び定期検査に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:換気設備の煙突等への防火ダンパー、風道等の設置の状況検査で、飲食店の厨房の火気使用換気設備の排気筒が客席の換気設備の風道に接続され、屋外に排出されていたので、「指摘なし」とした。

2:排煙設備の電源を必要とする排煙機の予備電源による作動の状況検査で、常用電源で稼働中に停電状態とすると、自動的に予備電源に切り替わり排煙機が正常に稼働したので、「指摘なし」とした。

3:非常用の照明装置の検査で、照明器具の固定が一部はずれ傾いていたので、照明器具の取付けの状況は、「要是正」とした。

4:給水設備及び排水設備の配管の腐食及び漏水の状況検査では、配管の継手部分についても検査する。

Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > H30-No.23

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com