Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > H30-No.14

H30-No.14

排煙設備に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:地下街の排煙設備では、防煙壁は天井面より下方80cm以上突出させる。

2:ダンパー形排煙口を、天井内に設けるときには、保守点検用の天井点検口が必要になる。

3:排煙機の周辺には可燃物を置かないよう維持管理する必要がある。

4:同一防煙区画に複数の排煙口を設ける場合は、一定の時間差で順次開放する機構を設ける。

Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > H30-No.14

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com