Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H30-問18

H30-問18

建築物における火災と人間行動に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:建物を熟知していない場合、避難のために必要な見通し距離は5m以上である。

2:火災時に煙のある場合の避難速度は、減光係数が大きいほど遅くなる。

3:火災時の人間行動に影響を与える酸素濃度は、15%程度で活動に影響を生じ、6%以下では、急速に意識を失い、場合によって死に至る。

4:一酸化炭素濃度が1%以上では数分で死亡する。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H30-問18

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com