Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H30-問13

H30-問13

非構造部材の耐震に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:非構造部材の地震被害は、1978年宮城県沖地震で大きく注目された。

2:1995年兵庫県南部地震では、カーテンウォールが一定の耐震性を示した。

3:非構造部材は、層間変位による強制変形に対して、層間変位追従性を確保することが重要である。

4:高さ31mを超える建築物の屋外に面する帳壁は、層間変形角1/50に対して脱落してはならない。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H30-問13

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com