Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H30-問10

H30-問10

特殊建築物等の維持保全に関する記述として、最も適切なものは、次のうちのどれか。

1:建物の所有者は、建物の美観の保持についての義務はない。

2:維持保全計画は、一般的に建物所有者が技術者の協力なくして十分作成できるものである。

3:診断は、劣化や安全性・省エネ等を目的として、詳細な調査を行うものである。

4:維持保全の状態を表示する制度の検討は、今後の課題としては特に重要ではない。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H30-問10

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com