Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H30-問5

H30-問5

各部構造に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:浴室等、防水を必要とするコンクリート床は、アスファルト防水を施した上に、モルタル・タイルで仕上げる構法が一般的である。

2:タイル張り工法は、RC壁の代表的な仕上げであるが、剥離などの危険性は少なくない。

3:ALCパネルは軽量だが、耐火性に劣る。

4:カーテンウォールは高層建築物だけでなく、中層程度の建物にも多く使用される。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H30-問5

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com