Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > H29-No.26

H29-No.26

観覧車の定期検査に関する記述で、最も適当なものは、次のうちどれか。

1:避雷針の取り付け状態は良好であり、総合接地抵抗値を測定した結果、20Ωだったので、「指摘なし」とした。

2:非常停止ボタンの作動の状況を確認したところ、操作盤上のボタンは作動したが、駅舎側に設置されたボタンは作動しなかったので、「要是正」とした。

3:バッテリーの機能の状況検査で、非常用救出装置のエンジンが始動しなかったが、バッテリーを充電すれば始動する状態だったので、「指摘なし」とした。

4:駆動車輪の空気圧が、製造者が定める基準値の95%だったので、「要重点点検」とした。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > H29-No.26

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com