Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > H29-No.18

H29-No.18

油圧エレベーターの定期検査に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:高圧ゴムホースの油漏れ及び損傷の状況検査で、油のにじみが見られたので、「要重点点検」とした。

2:かごの無負荷上昇時及び下降時の速度の状況検査で、上昇時は定格速度の115%、下降時は定格速度の123%であったので、「指摘なし」とした。

3:油圧パワーユニットの圧力計の設置の状況検査で、確認申請書に常時設置していないことを提示していなかったが、検査時に圧力計を取り付けることにより圧力が測定できたので、「指摘なし」とした。

4:油圧パワーユニットの作動油温度抑制装置の起動設定温度の状況検査で、高温の設定値が摂氏65度となっていたので、「要是正」とした。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > H29-No.18

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com