Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > H29-No.13

H29-No.13

昇降機に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:レールサイズは、我が国では、仕上加工前の素材の1m長当り質量の近似ラウンドナンバーを冠し、「○○キロレール」と呼称している。

2:スラックロープセーフティーとは、主ロープにかかる張力がなくなって緩みを生じたとき、直ちに運転回路を開いて非常止めを作動させるものである。

3:トラクション比とは、籠側ロープが吊っている荷重と、釣合おもり側ロープが吊っている荷重(又は張力)の比をいう。

4:エレベーターの主索として使われるロープにおいて、ラングよりとは、ストランドのより方向とロープのより方向を反対にしたものである。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > H29-No.13

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com