Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > H29-問22

H29-問22

水幕を形成する防火設備の定期検査に関する記述として、最も適切なものは、次のうちのどれか。

1:散水ヘッドの設置の状況を検査したところ、ヘッドの周囲に排水配管があり、水幕を正常に形成できない状況にあったが、一時的な設置であるため「指摘なし」とした。

2:貯水槽の水質及び水量の状況を検査したところ、水質に著しい腐敗等がなかったが、規定の水量が確保されていなかったので「要是正」とした。

3:排水設備の状況を検査したところ、吸込みが悪く排水に時間を要したが、排水が可能であるため「指摘なし」とした。

4:ポンプ制御盤のスイッチ類及び表示灯の状況を検査したところ、表示灯が点灯しなかったが、スイッチ操作によりポンプが起動したので「指摘なし」とした。

Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > H29-問22

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com