Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > H29-問20

H29-問20

防火シャッターの定期検査に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:危害防止装置の座板感知部の劣化及び損傷並びに作動の状況を検査したところ、変形、損傷及び著しい腐食がなく、障害物に当たって停止したので「指摘なし」とした。

2:駆動装置のスプロケットの劣化及び損傷の状況を検査したところ、損傷及び著しい腐食はあったが、異常な振動がなかったので「指摘なし」とした。

3:危害防止装置の作動の状況を検査したところ、運動エネルギーの算出結果は9J、停止距離が4cm、また障害物を取り除いた後に再降下したので「指摘なし」とした。

4:カーテン部の吊り元の劣化、損傷及び固定の状況を検査したところ、固定ボルトの締め付けが堅固であったが、変形があったので「要是正」とした。

Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > H29-問20

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com