Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > H29-問10

H29-問10

防火扉に関する記述として、最も適切なものは、次のうちのどれか。

1:防火扉は、火災時に防火区画を構成し、比較的大きな開口部に使用される。

2:鋼製軽量建具の構造は、扉の両面に厚さが0.5mm以上の鋼板が用いられ、骨材にも鋼板が用いられている。

3:鋼製建具(重量ドア)の両面フラッシュ構造は、扉の両面に厚さが0.3mm以上の鋼板が用いられ、骨材にも鋼板が用いられている。

4:鋼製軽量建具の扉を常時閉鎖式として使用する場合は、温度ヒューズ付ドアクローザを使用しなければならない。

Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > H29-問10

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com