Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > H29-No.30

H29-No.30

建築物の維持保全に関する記述で、最も適当なものは、次のうちどれか。

1:一般情報は、新たな維持保全計画の立案や経年変化に伴う維持保全計画の修正などの判断基準として極めて重要である。

2:維持管理における点検業務は、設備機器を稼働させ、その状況を監視し制御することである。

3:診断とは、物理的劣化や社会的劣化による建物に要求される機能改善の方向付を行うために、現状を把握、評価し、必要となる対策を立案することである。

4:LCCによる評価は、ライフサイクルのスパンで初期投資(企画設計費、建設費)の省コストを重視した考え方である。

Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > H29-No.30

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com