Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > H29-No.16

H29-No.16

電気設備の関連法規に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:電気事業法において、自家用電気工作物の設置者は、電気主任技術者を選任し、保安規程を作成しなければならない。

2:電気事業法において、電気工作物は、主に受電電圧により事業用電気工作物と一般用電気工作物の2つに分類される。

3:電気工事の活線作業における感電災害の防止対策は、電気工事士法で規定されている。

4:自家用電気工作物(最大電力500kW未満の需要設備)の新設の工事は、電気工事士法により第一種電気工事士の従事が義務付けられている。

Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > H29-No.16

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com