Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H29-問28

H29-問28

国土交通省告示に基づく「敷地及び地盤」「建築物の外部」「屋上及び屋根」の調査方法等に関する記述として、最も適切なものは、次のうちのどれか。

1:補強コンクリートブロック塀は、控え壁の適否を確認する。

2:擁壁には、内径50mmの水抜きパイプが設置されているか確認する。

3:屋上の伸縮目地の雑草は、特に問題となる現象ではない。

4:乾式工法によるタイル貼りは、打診調査の対象となる。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H29-問28

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com