Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H29-問22

H29-問22

各種建物の防火・避難計画に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:オフィスビルでは廊下を経由して避難階段に至るルートのほか、事務室から直接階段への入口がある方がよい。

2:病院の避難では、患者をストレッチャーや車イス等の避難器具に移し替える時間の避難時間に占める割合が高い。

3:店舗はテナントの入れ替えの際、飲食店舗と物販店舗の間には通常異種用途区画が必要となる。

4:共同住宅高層階のバルコニーに設置された避難タラップを使用した避難は、万一のときのためのものである。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H29-問22

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com