Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H29-問12

H29-問12

鉄筋コンクリート構造に関する記述として、最も適切なものは、次のうちのどれか。

1:柱の主筋は、コンクリート全断面積に対する断面積の割合が0.2%以上となるようにする。

2:床スラブは、平面的に離れている骨組や壁のような耐震要素を一体化する役目を果たす。

3:耐震壁は、帳壁の一種である。

4:壁式構造の耐力壁の厚さは、10cm以上とする。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H29-問12

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com