Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > H28-No.28

H28-No.28

遊戯施設の定期検査に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:ジェットコースターなどの走行台車の台車枠の検査では、目視により異常が認められた場合は、探傷試験により確認を行う。

2:軌道部分の検査では、最も摩耗の多い部分の摩耗量を測定し、鋼管軌条においては、当初厚さの10%を超えている場合は、「要是正」とする。

3:ガイドレールとガイドシューのかかり代を測定したところ、10mmであったが、地震によるガイドレールのたわみが3mmあることが計算書により確認されたので、「要是正」とした。

4:メリーゴーラウンドのパラペットの装飾物を目視にて検査したところ、著しい腐食があり、取付ボルトの抜け落ちも見られたので、「要是正」とした。

Home > 昇降機等検査員講習 修了考査問題 > H28-No.28

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com