Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > H28-問11

H28-問11

防火シャッターに関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:管理併用の防火シャッターは、通常時は防犯や通行人の往来を制限する目的などにより設置するもので、日常開閉することが多い。

2:スラットは、鋼板の厚さ0.8mm以上(ただし、特定防火設備の場合は1.5mm以上)のものをロール成形したもので、シャッターカーテンを構成する部品である。

3:中柱収納式防火シャッターは、巻き上がった状態では中柱が天井内又はケース内に収納されており、中柱の無い開口を確保することができる。

4:シャッターカーテンを手動操作により上昇させる場合、操作方法がハンドル式では回転力を80N以下、鎖などでは引下げ力を120N以下とする。

Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > H28-問11

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com