Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > H28-問9

H28-問9

建築基準法における防火設備の設置基準及び構造基準に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:竪穴区画の規定は、建築物の11階以上の階に設ける面積区画の規定より後に制定された。

2:防火設備の遮炎性能及び準遮炎性能を確認するための試験方法での判定基準は、加熱中に非加熱面で10秒を超えて継続する火炎の噴出及び発炎がないこと並びに火炎が通るき裂等の発生がないこととなっている。

3:避難安全検証法の中で防火設備の性能は、閉鎖機構及び防火設備の大きさの違いによって、防火設備が設けられた室間における開口部を介した煙の漏出性状に関係している。

4:建築基準法施行令第112条第14項の改正に伴い、通行の用に供する全ての防火設備は、付近を通行する人の安全確保のため、人が挟まれても重大な事故につながらない安全措置を講ずることが必要となった。

Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > H28-問9

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com